履歴書による志望動機

転職時には事前に履歴書や職務経歴書の送付を求める企業が増えてきていますよね。これについて「履歴書ではなく、面接の方が自分を出しやすいのに」と感じている方もいるでしょう。中には、「いつも書類選考でダメになってしまう」と悩んでいる方もいると思います。そんな方は、自分が作成した履歴書や職務経歴書をもう一度見直してみませんか。
企業ではよりスムーズかつ効率的に人材を採用するため、書類選考を行っているところが増えてきています。「書類では何も分からないだろう」と思われる方もいるでしょうし、「履歴書には経歴しか書いていないのだから、これで落とされる理由が分からない」と感じている方もいるでしょう。しかし、意外にも履歴書や職務経歴書などの書類からはあなたの今までの経験だけではなく、どういった想いがあるのかも分かるもの。当然、適当に書かれた履歴書よりも、丁寧に時間をかけて作成された履歴書の方が印象は良くなるでしょう。もちろん、今までの経験や技術力というのも大切ですが、書類から伝わる思いというもの重要視されているのです。履歴書の中には、志望動機や自分がやりたいことを記載する部分がありますが、この内容によっても印象が変わってきます。履歴書では単刀直入に作成していく必要がありますから、どうして応募しようと思ったのか、応募のきっかけ、どうしてその企業に入りたいと思ったのかなどを記載することが出来れば、より企業に対する想いを伝えることが出来るでしょう。
このように、採用試験時には書類選考を行っている企業が多いため、履歴書や職務経歴書の作成にも力を入れる必要があります。「書類なんて適当で良いだろう」「面接で自分を出せればよいだろう」と思われる方も多いと思いますが、書類から人選は始まっていると考え、丁寧に作成していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です