システムエンジニアを目指すきっかけ

世の中には様々な仕事がありますよね。働くなら「この仕事をしたい」と思い、勉強をしたり経験を積んできているでしょう。その仕事を目指そうと思う際にはみなさんそれぞれのきっかけがあると思います。就職活動や転職活動を行う際には、どうしてシステムエンジニアという道に進んだか、そのきっかけも伝えることが出来るとポイントが高いでしょう。
就職活動や転職活動をしてきている方の中には、「もう何度も志望動機を聞かれてきた」という方もいるはずです。しかし、採用に至らなかった方の場合には、その志望動機が魅力的な内容ではなかった可能性があります。「確かにありきたりなことしか言っていないなぁ」と思う方もいるでしょう。可もなく、不可もなくといった内容であれば、担当者にとっては興味を持てる人材とは言えません。採用を掴むためには担当者に興味を持ってもらうことも大切。そのため、志望動機の際には、どうしてシステムエンジニアの道に進んだのか、そのきっかけも踏まえて話すことが出来ると、興味を持って話を聞いてくれるでしょう。同じようにシステムエンジニアの道に進んだ方でも、そのきっかけはそれぞれ違うはずですから、その内容というのはとても興味深いもの。その上で、「これは御社でなければ叶えられないと思い応募させて頂きました」と伝えることが出来れば印象に残る志望動機となるでしょう。
システムエンジニアとして就職、転職活動をしている方は改めてどうしてこの道を選んだのか、そのきっかけを見直してみませんか。既に、そのきっかけすら忘れてしまっている方もいると思いますが、きっかけを思い出すことで「頑張ってこの道に進もう」という思いが強くなるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です